レシピ…♪ お店…♪ 収穫情報…♪~旬のお野菜情報


「長続きするお店」のお役に立つような地元野菜宅配サービス

2018/06/19 19:39 に 博康増山 が投稿   [ 2018/06/19 19:50 に更新しました ]

チャオ♪

雨降ってるねぇ~♪
昨日は晴れていたのにねぇ~♫

明日は曇っているけど、雨降らないみたい~♪

写真は、川口駅前のRossiCafeさんにお届けしたお野菜。

毎週、ニンジンや大根みたいな根菜類と、
サニーレタスのような葉物をお届けしています。

ブロッコリーやズッキーニもね。

行く度にマスターからいろんな話を聞かせてもらっているんだけど、
だんだん、どういう野菜がほしいかってことが分かってきたような気が・・・♪

つまり、なんとなく、カフェなんだから、

オシャレな野菜がいいんだろうとか、
イタリアンな野菜はどうだろうとか、

そういう風に漠然と思っていたんだけど、
よく考えてみると、

菜園クラブでお野菜お届けした時に、
漠然とそういう事を要求していたカフェやレストランさんって
ことごとく店じまいしているのね~♪

RossiCafeさんの場合、
お店は長く続いているし、
それにはそれなりの努力がある。

例えば、

店でお食事していただく他に、
お惣菜やお弁当も販売していらっしゃるけど、
例えば、ディナータイムで使いたいお野菜と
お弁当に使いたいお野菜、

微妙に違う。

それに、例えば、大量のお野菜を加工する場合の
手間とか、

商売として成り立つように、
実にいろんな事を考えていらっしゃるわけ。

こちらもマスターのお話聞いていて、
あ、例えば、ちょっと洋風っぽい野菜を
リーズナブルなお値段で提供するとかって
言うのとは違うんだなぁっと。

それから、けっこう規格外のお野菜でも
活用方法があるんだなぁとか・・・

で、どういうお野菜がRossiCafeさんなら、
RossiCafeさんのお役に立つかって
目線で段々考えるようになってきているんだけど、

考えてみれば、そういう風にお店の側の
お話お伺いしながら、

お野菜お届けするって、
もしかすると、
「長続きするお店のお役に立てる仕事」
なのかもしれないなって。

もしも、ウチのお店のこんな話聞いてほしい
ってご要望ございましたら、

菜園クラブまでご一報下さい。


2018年、梅干し~♪、梅酒~♪、梅シロップ~♪、梅エキス~♪・・・梅の実はいかがですか?

2018/06/05 21:57 に 博康増山 が投稿   [ 2018/06/05 22:04 に更新しました ]

ついに関東も梅雨入りしたね~♪
そだね~♪

梅雨と言えば、梅だね~。
梅干し~♪、梅酒~♪、梅シロップ~♪、梅エキス~♪

はぁ~い♪、肥留間農園さんの梅の実が収穫期の真っ最中。

キロ650円、お届け代500円(2キロ以上で無料でお届け)



地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット会員の方は、
1キロからお届け代無料

でお届けします。
お届けエリアは、川口市・蕨市・戸田市・さいたま市・文京区・豊島区・北区・板橋区。


(お届けは6/12・火を予定しています。
お届け日時の指定、キャンセル、再配達は承っておりません)

お申込みご希望の方は、
下記よりお名前、ご住所、お電話、ご不在時の配達場所(マンション宅配ボックス、ドア前に置くなど)
お届け希望数量を菜園クラブまでお知らせ下さい。

ウサギさんのオヤツに無農薬のお野菜♪

2018/05/31 18:31 に 博康増山 が投稿   [ 2018/05/31 18:35 に更新しました ]



さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店「フェレット・リンク&ラビット・リンク」さんで、
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブのお野菜、

ウサギさんのオヤツで使っていただくことになりました。

もう花が咲きだしたりして、「人間」用には出荷できないようなお野菜も
ウサギさんのオヤツには使えるかもと言うことで、
とりあえず、ウサギさんは、どんなお野菜を食べるのか持っていってみると・・・

ウサギさんのオヤツ20180531



初めてみるサラダ菜に、ウサギさんは目を白黒?
じゃなかった、お目々は赤いですが、
とにかく、ビックリ。

だけど、食べてみると意外と美味しいかな?



見てくれは悪いものもありますが、
無農薬で育てている瀰瓊際(みぬま)菜園クラブのお野菜。

人が食べても十分美味しいものばかり。

ウサギさんも気に入ってくれたようですね。

さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店「フェレット・リンク&ラビット・リンク」さんのウェブサイトはこちら。

酵素風呂の米ぬかで野菜を育てるよ~♪

2018/05/24 17:20 に 博康増山 が投稿   [ 2018/05/24 19:50 に更新しました ]

これなぁ~んだ?



って、上青木にある酵素風呂シンデレラさんの
米ぬかを使った酵素風呂だよ~♪

シンデレラさんで使った米ぬかを
今度から、瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで
使うことになったよ~。

この米ぬか、とっても、リンが豊富、

あ、リンは、細胞内で「エネルギー通貨」として使われている
ATP(アデノシン三リン酸)や、

遺伝子情報を伝えるDNAやRNAの「基体」部分、

あ、DNAやRNAで遺伝子情報が書かれているのは、
有機塩基部分なんだけど、

その有機塩基がリンや糖質からできている「基体」と結合しているわけ。

つまりね、
紙にインクで字を書いていて、
その「字」が何かの情報を伝えているとすれば、

有機塩基が「インク」で、
リンや糖質などで出来た基質が「紙」なわけ。

あ、後、エネルギー通貨についても説明しておくと、
植物は光合成をして、空気中の二酸化炭素を
糖に変え、

その糖を使って生命活動をしているわけだけど、
糖を作ったり、糖を燃やしたり、

つまり、エネルギーの出入りの際には、
必ず、「エネルギー通貨」であるATPを使うわけ。

まだ、わかんない?

まあ、光合成で出来る「糖」は、
コンビニやスーパーに並んでいる「商品」だと
したら、

商品を「買う」、

つまり、糖を「燃やして」エネルギーを取り出す際には、
通貨であるATPが必要ってわけ。

ってことは、
ってことは、
ってことは・・・?

リンがないと、「通貨」も「紙」もできない。

つまり、情報も伝達されないし、
エネルギーの出入りでもできない。

ってことは、
ってことは、
ってことは・・・?

例えば、植物が生長するってことは、
新しい細胞がたくさん出来るってことなんだけど、

そのためには、新しい細胞に遺伝子情報をコピーする必要があるし、
細胞づくりには、エネルギーも必要・・・

つまり、リンがないと、植物は新しい細胞が作れないし、生長もできない、

でまあ、
野菜が「実る」
つまり、「実」をつけるってことは、
植物にとっては、自分自身と言うよりは、次世代を育てることで
その「実」を人間が食べているのが、「野菜」なんだとすれば、

リンが「実る」上で大事なことは
なんとなくわかったかな?

実際、果物とか、トマト・ナスのような果菜類には、
「リン」を含んだ肥料を与えることが大事って言われている・・・

それに、
米ぬかは、土づくり効果も高いので、
米ぬかを入れると土がフカフカになるとも言われているよ~。

でまあ、とにかく、シンデレラさんの酵素風呂で使った米ぬかが
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブの土に投入されると、

美味しい野菜が出来ると言うことで。

まずは、初夏の声とともに生い茂る夏草を刈って、
シンデレラさんの米ぬかとともに、

ネギの株元へ。

今年の冬は、美味しいネギのすき焼き、期待してね

後、酵素風呂シンデレラさんのウェブサイトはこちら。

四季のフルーツお届けに向けて

2018/05/17 16:27 に 博康増山 が投稿   [ 2018/05/17 16:28 に更新しました ]

チャオ♪

見沼のKMフルーツさんでは、
現在、スモモやアンズ、梅の実が膨らみ、色づき始めているよ~♪



毎週お届けしている地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
の他、

スポットでのフルーツ&お野菜お届けについても検討中で
昨日は、KMフルーツさんとそのご相談。

もしかすると、四季折々、フルーツやお野菜をお届けする
年間会員みたいなものを始めるかもね。

始まったらよろしくね。

どっちにしても、5月末か、6月ぐらいからアンズやスモモ、梅の予約
取り始めるよ~♪

あれ、もうすぐだね(笑)

初夏の春まき野菜サラダ♪

2018/05/09 3:18 に 博康増山 が投稿   [ 2018/05/09 3:20 に更新しました ]

チャオ♪

みんなオーロラソースって知ってる?

ベシャメルソースにトマトとバターを加えたもの
って、

マヨネーズとケチャップとウスターソースで
簡単に作る方法とかあるみたい。

でまあ、
地元野菜野菜の宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
春まきお野菜が全開。

トマト、ホウレンソウ、サニーレタス、グリーンリーフレタス、
サラダ菜、オークリーフレタス、大根・・・

レタス類は、詰め合わせてサラダ野菜セットとしてお届けしているよ~♪

ホウレンソウ茹でて、マヨネーズとケチャップとヨーグルト混ぜた
ソースかけてみたら美味しかったので、

いろんなレタスとトマトも入れて、マゼマゼしてみたら
けっこういける味。



写真は、会員の方が送ってくださった
大根と豚肉の黒酢炒めとサラダ。

【作り方】
・だいこん(1/2本、乱切り)はレンジで火を通しておく
・豚肉(350g)は塩コショウして焼く
・調味料と合わせて炒める

●調味料 砂糖、みりん、料理酒 各大2、醤油大2と1/2 黒酢大1、ごま油大1/2

サラダ野菜のパストラル

2018/04/24 18:21 に 博康増山 が投稿   [ 2018/04/24 18:22 に更新しました ]

これなぁ~んだ?

って、
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで2月まきしたシロナだよ~。

丈が15~20センチぐらいに育ってきたけど、
今なら、生食できるかな?

って
サニーレタスやサラダコマツナと一緒に
袋詰して、サラダ野菜として、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの
会員の方々に配達。

でまあ、毎回、お野菜アンケートを取っているんだけど、

今回は「あまり野菜を生食しない、子供が食べない」
って回答が・・・

むしろ、大根などが高い評価。

大根やネギについては、前回のが使いきっていないから、
今回はやめてほしい

みたいな声が寄せられることも多く、

また、カブや大根、コマツナなどは、
自分がリクエストするまで見合わせてほしい

と言うお声もあって、

先週は大根をセットに加えず、
また、先週はネギを入れていたので、

今週はネギをお休みさせ・・・

くだんのサラダ野菜セットに
結球レタスやトマトなど、

サラダ系を充実させて、
2週間ぶりの大根を入れて
セットを構成。



そしたら、お届けした先で、
ウチは味噌汁とか良く飲むから、

ネギがあった方が良かったとかって
言われ・・・

まあ、そういうわけで、
アンケートを取りはじめて、
約半年

当初は、個々の品物がいい、悪い
って感じだったのが、

最近は、
会員の方、個々人の方が、

「自分の好み」みたいなものを
仰られる事が多いような・・・

まあ、これはたぶん、
あ、これ、菜園クラブに言っても大丈夫なんだ、

言うと聞いてもらえそうだ

って「信頼感」や「安心感」がある
ってことかもしれないから、

たぶん、いいこと。

まあ、個別カスタマイズのシステム化って
難しいので、
この先、会員の方が増えていく場合に、
どうするか、

検討課題だけれども、
ちょっとチャレンジしてみたいかなぁっと。

RossiCafeさんで、5・12に「野菜のマイクロマーケット」やります♬

2018/04/17 18:37 に 博康増山 が投稿   [ 2018/04/17 18:41 に更新しました ]

野菜のマイクロマーケットatCafeRossi20180512チラシ

チャオ♪川口駅前のRossiCafeさんでは、

見沼・関根農園さんのサツマイモと遠峯農園さんの大根が
サラダになっているよ♫

サツマイモ、レーズン、くるみのサラダ


と言うわけで、

5/12 RossiCafeさんで、「野菜のマイクロマーケット」やります。

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブでは、コマツナの収穫全開♬
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブのコマツナ収穫。


みんな遊びに来てね。

「サラダのための地元野菜」の可能性

2018/04/10 20:20 に 博康増山 が投稿   [ 2018/04/10 20:21 に更新しました ]

この2-3月、瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで、
新しい実験をいくつかやりました。

その一つが、複数の品種のコマツナの栽培、
今回まいた品種の中では、「安藤早生」が一番早く収穫期を迎えました。

安藤早生は葉肉が薄く、クセが少ないタイプで、
サラダにも出来ます。

実際、お客さんも、サラダでお召し上がりになったようです。

また、ミディ大根、つまり、普通の大根とミニ大根の
中間ぐらいの大きさの大根も育ててみましたが、

根が太り始める直前で間引きしてみると、
葉は柔らかく、サラダでも食べられました。

シロナと言うハクサイや山東菜の類縁種も育ててみましたが、
かなり生育が早く、
葉長10-15センチぐらいの時は、かなり葉が柔らかく、
生食可能と感じました。

コマツナ、大根、シロナはいずれもアブラナ科の野菜ですが、
比較的早く育つ品種は肉薄で、
葉の大きさが10-20センチ前後ぐらいまでは、
生食しても大丈夫と言うところが共通しています。

サラダ用の野菜と言うと代表格は、
レタスですが、

結球性のレタスは、川口や見沼ではなかなか育ちません。
冷涼な気候を好む事、まいた「玉」の内側に雨水が入ったり、湿気がこもったりすると、
すぐに腐ってしまう事などから、

埼玉県南では育てずらいようです。

「玉」の内側に水滴がつくと腐りやすいのはキャベツも
同じですが、レタスの方が葉が薄い分だけ、
より腐りやすいようで、

キャベツは育っても、なかなか結球レタスは育ちません。

しかし、川口や見沼でもサニーレタスのように
結球しないレタスは容易に育てることが出来ます。

レタス類は、キク科野菜ですが、

今回、アブラナ科野菜でも、品種により生食可能なものがあることが
わかったことは面白いと思いました。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットのお客さんの
意見をお伺いしていると、

小さいお子さんをお持ちの方を中心に、
「味噌汁・煮物系」よりも
「サラダ系」野菜が欲しいと言う声が多いと
感じます。

「サラダで使える地元産野菜」を育てる試みを進めていきたいと
思います。

春一番♪・・・コマツナのサラダ。

2018/04/05 17:57 に 博康増山 が投稿   [ 2018/04/05 17:58 に更新しました ]

1月の大雪の後、
雪融けとともに種まきしたお野菜が、少しづつ収穫できるようになってきました。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットで
今週お届けしたのは、

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブの早生のコマツナ。

肉薄でサラダコマツナに近い感じ。

実際、会員の方もサラダで召し上がって頂いたようです。

肥留間農園さんのトマトに、アサリを加えて頂き、
オシャレな感じに仕上がっていますね。

1-10 of 81