長ーいインゲンにビックリ♪

2017/07/18 19:24 に 博康増山 が投稿   [ 2017/07/18 19:28 に更新しました ]
スリー・シスターズって
言葉はご存知ですか?

トウモロコシとインゲンとカボチャの事。

アメリカ先住民の農法で、
カボチャが地を覆って、水分の蒸散を防ぎ、
トウモロコシが風を防ぎ、
マメ科のインゲンが根粒バクテリアを共生させて、
空気中の窒素を固定して養分供給。

トウモロコシは、インゲンのツルを這わせる支柱代わりにも
なります。

かわぐち菜園クラブでもちょっぴり真似して、
トウモロコシと一緒にインゲンの種まきをしてみました。

トウモロコシを取り尽くした今週末、
これなんですか?

と会員の方からのご質問の声。

行ってみると、長さ1メートルの緑の紐のようなものが
何本もトウモロコシの茎の脇から下がっています。

そうです。
インゲンです。

それも、とっても長~くなる品種のインゲン。

プチ先住民農法成功したみたいです。

すっかり、クワに慣れてきたボクやワタシは、
ヒマワリの種まきする溝を自分で掘ったり、

草取りをしたり。

スイカも大きくなってきたので、
鳥さんに食べられないようにネットをしました。

ナスの支柱立てもして、夏満開のかわぐち菜園クラブに
なってきました。