ダンゴムシのオスとメス

2018/09/23 18:45 に 博康増山 が投稿   [ 2018/09/23 18:48 に更新しました ]
猛暑が収まったと思ったら、
長雨。

ようやく晴れたかわぐち菜園クラブ。

日曜日の朝からみんなやってきました。

夏場ほどではないにしろ、
まだ気温が高いので、
草もそれなりに生えます。

草を取ると、雨で少しぬかるんでいた地面も乾き、
なんとなくいい感じ。

そんな中で
子どもたちは、ひたすらダンゴムシ探検隊です。

土の上でダンゴムシを発見すると、棒で突き、
手のひらに乗せ、

大人に見せに来ます。

ママァ、おうちに持って帰りたい
ダメ!絶対!

ママは半分、金切り声。
もう冗談じゃない、

ダンゴムシなんかおうちで飼わないで頂戴ね。

ところである子供が言い出しました。

ダンゴムシにはオスとメスがあるんだ。
黄色いところがあるのが、オスだ。

捕まえてきたダンゴムシをみると
確かに黄色い斑点があります。

へぇ、これがオスなの?

本当なんでしょうか?
「ダンゴムシ学」も奥が深いですね。