2017年、暖かい2月の春野菜モード

2017/02/28 2:33 に 博康増山 が投稿   [ 2017/02/28 2:38 に更新しました ]
この週末も、かわぐち菜園クラブにはいろんな方がご来場。

もうかなり暖かい日が続いているので、
「マルチ(地面に敷くポリシート)」などは
使わずに種まきしてみようと言うことに。

本日のお題は、カブとニンジンの「スジまき」。

「スジまき」は、
地面に、「まきスジ」と言うスジをつけ、
そのスジの中にお塩を振るみたいにパラパラと
種をまいていきます。

「まきスジ」つけるのに、性格が出ますねぇ。
丁寧に作る人、
そうでもない人…

丁寧な人は、ちゃんとまっすぐなお手本みたいなまきスジに。
そうでもない人は…

写真省略です(爆)

4歳のワ・タ・シも、
ジイジからカブの種もらって、
ちゃんとまきスジの中に種を入れたのよ~。

Gファームで育ててきた茎立ちブロッコリーの苗。
ちょっと早めですが、
やはり暖かいので、植えてみることに。

それから、昨秋に種まきした大根。
やはり、暖かい気候の影響を受けて、
花芽をつけ出しました。

お花が咲いてしまうと
大根が固くなってしまうので、

生長を止めるために、
いったん引き抜いて、養分や水分を吸っている
「ひげ根」を切り、

葉も切って、「生け直し」しました。

一時的に生長が止まるので、
お花が咲きにくくなります。

いっぺんに収穫しても
食べきれないと思ったら、
こんなテクニックを使うのです。

川口市内の精米機メーカーさんから
「ヌカ」を分けて頂きました。

ヌカを発酵させ、その時に出る熱を使って、
ナスやパプリカなど、夏野菜の苗を育てる予定です。