かわぐち菜園クラブの菜園教室

笑顔の週末♪かわぐち菜園クラブの菜園教室
かわぐち菜園クラブ アクセス 菜園教室の様子


毎週末、かわぐち菜園クラブにご来場して下さっている皆様の楽しい菜園活動の様子です。
みんなの栽培記録

かわぐち菜園クラブで会員の方々が育てているお野菜の生長記録です。

かわぐち菜園クラブKファーム

A1 A2 A3
B1 B2 B3
C1 C2 C3
D1 D2 D3
E1 E2 E3
F1 F2 F3
G1 G2 G3

かわぐち菜園クラブAファーム

A1 A2 A3
B1 B2 B3
C1 C2 C3
D1 D2 D3 D4
E1 E2 E3
F1 F2 F3 F4
G1 G2 G3



菜園教室の様子

毎週末の楽しい菜園教室の報告です。

  • 今年最後の種まき…♪ とっても寒くなってきたかわぐち菜園クラブ。もうあまりお野菜の植付けはできません。そんな中、やってきた会員の人達と今年最後の種まきとしてやったのが、ソラマメ&えんどう豆。みんなで溝を掘って、畝を作り、マルチを張って、種まきしました。これからは、鳥さんが山にエサがなくなってお野菜を食べにくる時季。ネットを張って鳥よけしたり、サンチュを間引きしたり、三浦大根は、間引きが遅くなったせいか、すぐ近くの大根と、根が絡まり合ってしまったようです。そして、サトイモの収穫。一生懸命掘り起こして、みんなでおイモを分配。アレアレ、サトイモの葉っぱでコロボックルの真似をしている人もいますね。今晩は、暖ったかい煮物かな
    投稿: 2017/11/22 21:27、博康増山
  • おイモがたくさん…♪、笑顔もたくさん…♪ だんだん冬が近づくかわぐち菜園クラブ。芋掘りに、大根と煮物に美味しい収穫の時季です。なんかずっと泣いていたワタシ。でも、お兄ちゃんが近くに来るとニコニコ。もっとも、お兄ちゃんは、まん丸い聖護院大根を引っこ抜いて得意そう。ワタシの事は見てくれないみたいです。芋づるをたぐって、みんなで芋掘り。他にもミズナやシュンギク、サニーレタス、いっぱい採れました。保温のポリをかけたり、ジャガイモに追肥したり、そんなところへヒョッコリ、お腹の大きな人が。予定は新年になってから。泣いていたワタシは、今度は、菜園のおねえさんになれるかな?
    投稿: 2017/11/13 4:41、博康増山
  • 来年に向けて土づくり 久々に台風の来ない週末となったかわぐち菜園クラブ。お日様の元で農作業です。とは言っても、ハロウィンも過ぎてもうじき立冬。あまり種をまいたり、苗を植えたりするにはむきません。夏草や夏野菜を引き抜いたものを山積みして腐らせていたものを溝に埋めて、来年に向けて、土づくりです。みんな、集まってきて、ドンドン持っていくのでみるみるうちに残渣の山がなくなっていきます。そして、溝掘り。掘った溝に残渣を埋めていきます。私だって、溝を掘るのよ。寒くなってもシュンギクやコマツナが育つように、透明ポリのトンネルを作った人も。ご近所の方から、掘りたてのサツマイモを頂きました。
    投稿: 2017/11/05 19:57、博康増山
1 - 3 / 36 件の投稿を表示中 もっと見る »

今年最後の種まき…♪

2017/11/22 21:26 に 博康増山 が投稿   [ 2017/11/22 21:27 に更新しました ]

とっても寒くなってきたかわぐち菜園クラブ。

もうあまりお野菜の植付けはできません。

そんな中、やってきた会員の人達と
今年最後の種まきとしてやったのが、
ソラマメ&えんどう豆。


みんなで溝を掘って、畝を作り、マルチを張って、
種まきしました。

これからは、鳥さんが山にエサがなくなって
お野菜を食べにくる時季。

ネットを張って鳥よけしたり、
サンチュを間引きしたり、

三浦大根は、間引きが遅くなったせいか、
すぐ近くの大根と、根が絡まり合ってしまった
ようです。


そして、サトイモの収穫。

一生懸命掘り起こして、
みんなでおイモを分配。

アレアレ、サトイモの葉っぱで
コロボックルの真似をしている人もいますね。


今晩は、暖ったかい煮物かな?



おイモがたくさん…♪、笑顔もたくさん…♪

2017/11/12 20:24 に 博康増山 が投稿   [ 2017/11/13 4:41 に更新しました ]

だんだん冬が近づくかわぐち菜園クラブ。

芋掘りに、大根と煮物に美味しい収穫の時季です。

なんかずっと泣いていたワタシ。

でも、お兄ちゃんが近くに来るとニコニコ。

もっとも、お兄ちゃんは、まん丸い聖護院大根を
引っこ抜いて得意そう。

ワタシの事は見てくれないみたいです。

芋づるをたぐって、みんなで芋掘り。
他にもミズナやシュンギク、サニーレタス、
いっぱい採れました。


保温のポリをかけたり、
ジャガイモに追肥したり、

そんなところへヒョッコリ、
お腹の大きな人が。


予定は新年になってから。

泣いていたワタシは、
今度は、菜園のおねえさんになれるかな?




来年に向けて土づくり

2017/11/05 19:56 に 博康増山 が投稿   [ 2017/11/05 19:57 に更新しました ]

久々に台風の来ない週末となった
かわぐち菜園クラブ。

お日様の元で農作業です。

とは言っても、
ハロウィンも過ぎて
もうじき立冬。

あまり種をまいたり、苗を植えたりするにはむきません。

夏草や夏野菜を引き抜いたものを
山積みして腐らせていたものを
溝に埋めて、
来年に向けて、土づくりです。


みんな、集まってきて、ドンドン持っていくので
みるみるうちに残渣の山がなくなっていきます。

そして、溝掘り。
掘った溝に残渣を埋めていきます。

私だって、溝を掘るのよ。

寒くなってもシュンギクやコマツナが育つように、
透明ポリのトンネルを作った人も。

ご近所の方から、掘りたてのサツマイモを頂きました。







年内ラストチャンス?

2017/10/29 17:54 に 博康増山 が投稿   [ 2017/10/29 17:55 に更新しました ]

二週続けての台風。

それでも、どうにか雨があがった土曜日の午前中。
かわぐち菜園クラブにはたくさんのメンバーの方たちがご来場。

今なら、まだ年内取りできる野菜の種まきができるかもしれないと
聞いて、土を耕し始めます。

ヨイショ♪

ヨイショ♪

もひとつ、ヨイショ♪

役割の終わったオクラを引き抜く人も。

腰を傷めないようにしてくださいね。

夏には全盛を誇ったエンサイはお花が咲きました。

そして、虫の大きなウンコを発見。

どうやら犯人はコイツのようです。


ボクの顔とドッチが大きい?聖護院大根も収穫しました。

今晩はオデンかな?











菜園で愛を育む・・・!?

2017/10/03 22:31 に 博康増山 が投稿   [ 2017/10/03 22:32 に更新しました ]

秋分から霜降へ。

秋の虫たちもだんだん少なくなってきたかわぐち菜園クラブ。

いよいよ夏野菜を撤去して、秋野菜を植えていく模様替えの時季。

まずは、フダンソウや空芯菜をできるだけ収穫してから
撤去しようと言う人。

ヨイショ、ヨイショ、大きく育ったオクラの木を倒すのも
一苦労。

ナスの木を倒して跡をならし、
白菜の植付け。

ご褒美に女子マネ(?)からゴーヤを
もらっていました。

まだ、少しは虫も出るので、
ネットを張ろう。

脇からも入ってこないように、
土でしっかり裾を埋めて、
出来上がりにウットリ。

ヒマワリが満開。

ニンニク植えて、ルッコラまいて、
シュンギク摘んで・・・

そう言えば、パパよりも
ガールフレンドが大事なボクも。

秋野菜、たくさん育つといいですね。


夏の葉物を刈り込み、秋の葉物の種まき

2017/09/10 20:54 に 博康増山 が投稿   [ 2017/09/10 20:56 に更新しました ]

白露を迎えたかわぐち菜園クラブ。

朝夕は涼しくなってきましたが、
日中はけっこう暑い中、
秋野菜の植付けシーズン真っ最中です。

先週は花が咲きだしたモロヘイヤを撤去した人が多かった菜園ですが、
今週は、夏の葉物の刈り込みの時間。

ねぇ、これから何育てる?

とにかく、ツルが伸び放題になっているエンサイやツルムラサキを
刈り込まないと、
植える場所ができない…

フダンソウももう収穫しないなら、撤去しましょうと
言われて、引っこ抜く人も。

汗ダクダクになりまがら、
場所を作って、カブ、ミズナ、コマツナ、サニーレタス。

みんな思い思いに種まき。

大きく育ったエビイモを感慨深く見つめたり、
土を耕しているうちに、コガネムシの幼虫を見つけて
盛り上がったり。

季節は、秋分へと動いています。



「処暑」は、大根の種まき

2017/08/28 0:18 に 博康増山 が投稿   [ 2017/08/28 0:19 に更新しました ]

お盆が明けたら、菜園は「処暑」。

まだまだ暑いですが、大根やハクサイは、
暑いうちに種まきしないと、
葉が育った頃には寒くなってしまい、
光合成が進みません。

丸々太った根っこや玉になって、
お鍋で美味しい大根やハクサイを収穫するには、
今のうちが勝負です。

一方、真夏の太陽をたっぷり浴びたモロヘイヤやエンサイは、
ジャングル状態。

モロヘイヤ林を切り拓いて、
大根を種まきしましょう…

「木」のように大きく育ったモロヘイヤを掘り起こし、
ヤマタノオロチのようにツルが伸びたエンサイやツルムラサキをカットして、
大根の植付け場所づくり。

懸命に全面耕起に挑む人。
ボクもやると真似する人…(笑)

とにかく、大根の種まきも終わり…

Aファームでは、鳥よけネットを外して、スイカをゲット。
切ってみると真っ赤に熟れていて美味しそう。

みんなで食べました。


お盆明け、巨大化野菜のジャングル。

2017/08/20 21:32 に 博康増山 が投稿   [ 2017/08/20 21:33 に更新しました ]

お盆休みであちらこちらに出かけていたかわぐち菜園クラブの
会員の方も、

この週末は、元気な顔を見せて下さいました。

しかし…

真冬1万5千ルックス程度とされる野外菜園の照度は、
真夏はなんと10万ルックス。

おまけに、光合成は温度に比例します。

真夏の太陽をたっぷり浴びて、しかも、高温。
雨も降って、水分も豊富…

オクラもモロヘイヤもフダンソウもクウシンサイも…

お盆休みの前には考えられなかったほど、
巨大化。

何これ?ジャングル?

背丈より高くなったモロヘイヤをカットしたり、
ボアコンストリクターのごとくのたくりまわっている
クウシンサイのツルを切ったり…

そんな中でも、いや、秋野菜を植えようと
汗をかきながら、地面を耕し、
肥料を埋めて、

シュンギクやハクサイの種まきに挑戦した人も…。

ナスもたくさん採れました。
ゴーヤの花もいっぱい咲いています。

来週は、ゴーヤが大豊作かな?



長ーいインゲンにビックリ♪

2017/07/18 19:24 に 博康増山 が投稿   [ 2017/07/18 19:28 に更新しました ]

スリー・シスターズって
言葉はご存知ですか?

トウモロコシとインゲンとカボチャの事。

アメリカ先住民の農法で、
カボチャが地を覆って、水分の蒸散を防ぎ、
トウモロコシが風を防ぎ、
マメ科のインゲンが根粒バクテリアを共生させて、
空気中の窒素を固定して養分供給。

トウモロコシは、インゲンのツルを這わせる支柱代わりにも
なります。

かわぐち菜園クラブでもちょっぴり真似して、
トウモロコシと一緒にインゲンの種まきをしてみました。

トウモロコシを取り尽くした今週末、
これなんですか?

と会員の方からのご質問の声。

行ってみると、長さ1メートルの緑の紐のようなものが
何本もトウモロコシの茎の脇から下がっています。

そうです。
インゲンです。

それも、とっても長~くなる品種のインゲン。

プチ先住民農法成功したみたいです。

すっかり、クワに慣れてきたボクやワタシは、
ヒマワリの種まきする溝を自分で掘ったり、

草取りをしたり。

スイカも大きくなってきたので、
鳥さんに食べられないようにネットをしました。

ナスの支柱立てもして、夏満開のかわぐち菜園クラブに
なってきました。


菜園宝さがしの夏

2017/07/09 22:10 に 博康増山 が投稿   [ 2017/07/09 22:13 に更新しました ]

暑い、暑い夏。

かわぐち菜園クラブにもやってきました。

そして、みんなもやってきました。

先週トウモロコシを収穫した場所には、
まだ取り残したヤングコーンが残っていると
聞いて、

トウモロコシの中に分け入り、
捜索開始。

次はジャガイモ探し、
土を掘って、おイモはどこにあるのかなぁ・・・

キュウリは、葉っぱも実も緑色なので、
見つけるのが大変?

でも、葉っぱの間に見つける事ができて
良かったですね。

ゴーヤも見つかりました。

トマトさんやキュウリさんにも
ゴハンをあげようね

って、追肥をして、土寄せをしようとしたら、
ボクがやるって

クワを握りしめた人もいました。

最後は、地主さんの奥様が
お育てになったスイカの差し入れ。

わーい♪



1-10 of 36