菜園教室&体験農園 かわぐち・瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ


ご自分の手でお野菜を育ててみませんか?
かわぐち&瀰瓊際(みぬま)菜園クラブでは、お好みのお野菜栽培を「野菜栽培のレッスンプロ」がご指導しています。道具や資材、肥料、種&苗もご用意するので、初心者の方でもお手軽に栽培に取り組めます。
ご関心ある方は、是非、無料見学に足をお運び下さい。
●会費
 かわぐち菜園クラブ 月2,000円
 瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ 月2,800円

 (かわぐち菜園クラブ、瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ
  とも実習スペース10.8平米付き)

 ※お支払は、年払いとなります。

野菜栽培レッスンプロ 増山博康 写真先生が教えてくれるから安心。
栽培指導:野菜栽培のレッスンプロ
増山 博康
(「半農生活をはじめよう」著者、川口市盛人大学農業体験コース元講師)

毎土日、菜園教室実施中♪

◆かわぐち菜園クラブ
 地下鉄南北線直通・新井宿駅~徒歩15分

◆瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ
 浦和・東浦和・浦和美園・大宮・
 さいたま新都心よりバスあり。

池袋から60分。都心からも通える農園です。


無料菜園見学受付中

かわぐち菜園クラブのご利用ご希望の方は、
菜園を無料見学の上、お申し込み下さい。


菜園無料見学に申し込む

かわぐち菜園クラブの菜園教室

  • 菜園で愛を育む・・・!? 秋分から霜降へ。秋の虫たちもだんだん少なくなってきたかわぐち菜園クラブ。いよいよ夏野菜を撤去して、秋野菜を植えていく模様替えの時季。まずは、フダンソウや空芯菜をできるだけ収穫してから撤去しようと言う人。ヨイショ、ヨイショ、大きく育ったオクラの木を倒すのも一苦労。ナスの木を倒して跡をならし、白菜の植付け。ご褒美に女子マネ(?)からゴーヤをもらっていました。まだ、少しは虫も出るので、ネットを張ろう。脇からも入ってこないように、土でしっかり裾を埋めて、出来上がりにウットリ。ヒマワリが満開。ニンニク植えて、ルッコラまいて、シュンギク摘んで・・・そう言えば、パパよりもガールフレンドが大事なボクも。秋野菜、たくさん育つといいですね。
    投稿: 2017/10/03 22:32、博康増山
  • 夏の葉物を刈り込み、秋の葉物の種まき 白露を迎えたかわぐち菜園クラブ。朝夕は涼しくなってきましたが、日中はけっこう暑い中、秋野菜の植付けシーズン真っ最中です。先週は花が咲きだしたモロヘイヤを撤去した人が多かった菜園ですが、今週は、夏の葉物の刈り込みの時間。ねぇ、これから何育てる?とにかく、ツルが伸び放題になっているエンサイやツルムラサキを刈り込まないと、植える場所ができない…フダンソウももう収穫しないなら、撤去しましょうと言われて、引っこ抜く人も。汗ダクダクになりまがら、場所を作って、カブ、ミズナ、コマツナ、サニーレタス。みんな思い思いに種まき。大きく育ったエビイモを感慨深く見つめたり、土を耕しているうちに、コガネムシの幼虫を見つけて盛り上がったり。季節は、秋分へと動いています。
    投稿: 2017/09/10 20:56、博康増山
  • 「処暑」は、大根の種まき お盆が明けたら、菜園は「処暑」。まだまだ暑いですが、大根やハクサイは、暑いうちに種まきしないと、葉が育った頃には寒くなってしまい、光合成が進みません。丸々太った根っこや玉になって、お鍋で美味しい大根やハクサイを収穫するには、今のうちが勝負です。一方、真夏の太陽をたっぷり浴びたモロヘイヤやエンサイは、ジャングル状態。モロヘイヤ林を切り拓いて、大根を種まきしましょう…「木」のように大きく育ったモロヘイヤを掘り起こし、ヤマタノオロチのようにツルが伸びたエンサイやツルムラサキをカットして、大根の植付け場所づくり。懸命に全面耕起に挑む人。ボクもやると真似する人…(笑)とにかく、大根の種まきも終わり…Aファームでは、鳥よけネットを外して、スイカをゲット。切ってみると真っ赤に熟れていて美味しそう。みんなで食べました。
    投稿: 2017/08/28 0:19、博康増山
1 - 3 / 32 件の投稿を表示中 もっと見る »