菜園教室&体験農園 かわぐち・瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ


ご自分の手でお野菜を育ててみませんか?
かわぐち&瀰瓊際(みぬま)菜園クラブでは、お好みのお野菜栽培を「野菜栽培のレッスンプロ」がご指導しています。道具や資材、肥料、種&苗もご用意するので、初心者の方でもお手軽に栽培に取り組めます。
ご関心ある方は、是非、無料見学に足をお運び下さい。
●会費
 かわぐち菜園クラブ 月2,000円
 瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ 月2,800円

 (かわぐち菜園クラブ、瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ
  とも実習スペース10.8平米付き)

 ※お支払は、年払いとなります。

野菜栽培レッスンプロ 増山博康 写真先生が教えてくれるから安心。
栽培指導:野菜栽培のレッスンプロ
増山 博康
(「半農生活をはじめよう」著者、川口市盛人大学農業体験コース元講師)

毎土日、菜園教室実施中♪

◆かわぐち菜園クラブ
 地下鉄南北線直通・新井宿駅~徒歩15分

◆瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ
 浦和・東浦和・浦和美園・大宮・
 さいたま新都心よりバスあり。

池袋から60分。都心からも通える農園です。


無料菜園見学受付中

かわぐち菜園クラブのご利用ご希望の方は、
菜園を無料見学の上、お申し込み下さい。


菜園無料見学に申し込む

かわぐち菜園クラブの菜園教室

  • 菜園ごっくんタイム もうすぐ梅雨?ぐずつく日もあるけど、爽やかな一日になったこの週末、かわぐち菜園クラブにもみんなやってきました。中でもボクは大活躍。他のオウチのオジサンと一緒にトマトを植えて、別のお姉さんがクウシンサイとオクラの種まきするのに、溝に肥料を埋めてあげて・・・だけど、後ろでごっくんタイムしている人もいますね。
    投稿: 、博康増山
  • 菜園の昆虫学者♪ 晴れる日もあれば、雨が降る日も…ゴールデンウィークが終わり、徐々に梅雨の走りモードのかわぐち菜園クラブ。やってきたボクは、どうやら昆虫学者。お父さんとお母さんがミズナの間引きやニンジンの草取りをしているのをムシして、ムシしてます♫土をほじったり、地面を眺めたりして、オケラやダンゴムシ、テントウムシを見つけては、採集ボックスに入れて、何やら観察中♪一方、大おじさん部隊は、トマトの植え付け予定地の草むしり。その後は、スナップエンドウを収穫♪どちらもムシン?無心に草むしりをして、無心にスナップエンドウを収穫する大おじさん部隊。
    投稿: 2018/05/13 19:45、博康増山
  • レトロ農法をやるんだったら・・・♫ ゴールデンウィーク後半のかわぐち菜園クラブ。サンサンと降り注ぐお日様。2月から3月に種まきした小松菜や大根は、もう収穫の時季。その後、何が育てられますか?そうですね、オクラとか、モロヘイヤとか。あ、オクラやりたい。って、オクラの種まき始まりました。昔は、農家の庭先で一頭二頭づつ馬や牛を飼っていて、ワラを踏ませて育てるって言葉どおり、馬小屋や牛小屋にワラを敷いていて、その上にボトン、ボトンって落とし物。だから、昔の堆肥には、ワラの残骸があってそれが土の中で分解すると、ワラのあった部分が「隙間」になって、空気が流通し、根が呼吸しやすくなって、根の張りが良くなったんですが、今は、畜産農家で大量発生する「フン」を工場で堆肥に変えているので、「ワラ」の残骸は見えません。でまあ、代わりに、溝を掘って雑草や野菜クズを入れる「準レトロ農法」について説明。みんなで溝を掘ったり、前に草取りして積んであった枯れ草を運んだり。すると、ワタシがやるんだったら、やるの。やるんだったら・・・って、溝に枯れ草をポイ、クワで土をかけ始め、レトロ農法、やるんだったら、やるの。やるんだったら・・・♪
    投稿: 2018/05/06 19:48、博康増山
1 - 3 / 56 件の投稿を表示中 もっと見る »