憧れの半農生活を実現 技術修得&農地確保 菜園コーディネーター講座

受講から半農生活実現まで。基礎技術修得(理論セミナー+年間実習)⇒農園運営技術修得(継続実習)⇒半農生活実現(農地取得&運営サポート)

「都会人の暮らし+農業=半農半X」の生活をしてみたい、
そんな夢の実現をお助けしているのが、菜園起業大学です。
本科の菜園コーディネーター講座は、野菜栽培の基礎を学ぶ理論セミナーと実習。
受講後は、ご希望により、農地の確保や農園運営など
「『菜園起業&半農生活』の実現」を手助けしています。

受講から半農生活実現まで詳しくはこちら

菜園起業ニュース

  • 半農半Xの「X」の部分で、ジムをやりたいと言う人のために(その2) 先日、半農半Xの「X」の部分で、ジムをやりたいとお考えの方に以下の提案をしました。近くの公民館で踊りなどの先生が教えているサークルがあり、月3000~5000円程度の月謝のようです。ソロバン教室等を公民館やオープンスペースのような場所で開いていて、どうやら展望がありそうだと言うので本格的に開設した例もあるとの事。つまり、「公民館・オープンカフェ」教室は、本格的に開業する前の「お試し起業」の方法として有効であり、マーケティングやスキルの開発に役立つ可能性があると言う事です。今回は、僕が「最初の生徒」となって、相談者の方に、実際に「サーキットトレーニング」の教室を ...
    投稿: 2018/03/10 16:06、博康増山
  • 半農半Xの「X」の部分で、ジムをやりたいと言う人のために・・・ 菜園起業相談を受けている人で、ジムをやりたいと言う人がいる。自分でもジムに通い、サーキットトレーニングをしているらしい。サーキットトレーニングは、高校時代、陸上部にいた時僕自身もやらされた事がある・・・その時の記憶からすると、どうも「やり方」や「メニュー」には、相当の幅があるように思う。ある時、「それまで」のメニューとは違うメニューを「それまで」教えてくれた先輩とは違う人から教わった事がある、その人は、「どうだ、アタマがクラクラするだろう」と言っていた、事実、その時は、アタマがクラクラした典型的な酸素欠乏状態・・・かなり強度な有酸素運動の連続で ...
    投稿: 2018/03/06 16:04、博康増山
  • 半農生活のための簿記(その2) 実は、Aさんに半農半Xの「X」の部分で、簿記や会計関係の仕事をオススメしたのは、もう一つ理由があります。これから、非正規雇用の人が増えていく中で、「個人」の生活について、「簿記」的な考えが非常に必要とされていくのではないかと言う事です。Aさんは現在お勤め中の会社で正社員として働いていらっしゃいますが、交際中の女性の方は、ご自分でピアノ教室を開いている他に、派遣で働いていらっしゃるのだそうです。Aさんが言うには、「自分はしなかったけれども、彼女は確定申告に行ってきたみたいだ」そして「確定申告と年末調整ってどう違うんですか?」と質問してきました。僕はこの手の質問をよく受ける事があるのですが、実は、 ...
    投稿: 2018/03/04 17:28、博康増山
1 - 3 / 19 件の投稿を表示中 もっと見る »
種まきの栽培実習画像
室内セミナー&実習
で覚える栽培技術
基礎理論の学習と実習での観察を繰返して、野菜の生長と世話の関わりを理解できます。

受講後の継続実習画像
受講後も農園運営や
農地確保をサポート
年間実習修了後も、継続実習で農園運営を学習、農地確保のサポートもしています。


販売実習画像
講座内起業方式
販売や企画にも関われます。
ご希望により、育てた野菜を販売したり、菜園パーティ等の企画運営にも関わる事が可能です。

武蔵野線
都内から通えるから、
続けられる。
実習地は一般道でも池袋より1時間程度。東浦和からバス10分、公共交通でも通えます。

講師画像

講師: 野菜栽培のレッスンプロ 
増山 博康
(川口市盛人大学・
 農業体験コース元講師
 半農生活を始めよう
         [かんき出版]著者)
半農生活をはじめよう