農園運営実習スタート♪

2017/10/10 21:40 に 博康増山 が投稿   [ 2017/10/10 21:44 に更新しました ]
菜園コーディネーター講座を修了した受講生の方が、
今度は農園運営の実習を始めました。

年間を通じて、栽培計画を作り、
一定の広さの農園を運営する能力を育成するための
実習です。

事前に、ご自身で農園のデザインや栽培計画を
立案してこられましたが、
果たして、机上で考えたとおりにいくでしょうか?


まずは、とにかく、草取りした夏草がそのままになっている
のを、堆肥として積んで、
実習場所をきれいにしていきます。


実際に「畝(野菜を育てるために土を帯状に盛り上げた場所)」の
位置に、畝の長さに合わせて、ポールを立ててみます。

ここにネギを植えるんだったら、
ちょっと畝と畝の間隔が狭くない?

指導員から突っ込まれながら、
当初計画を修正。

実際にやってみると、机の上で考えたみたプランと
ズレがあることが分かってきますね。


だいたい、畝の位置が決まってきたところで、
ほうれん草育てるつもりなら、
今から石灰をまいておいた方がいいよとか、

コマツナまくのなら、堆肥まいておいたら?

などと、
指導員に言われて、土づくり開始。


夕方までに、最初の畝3つが完成。

次回は作った畝に種まきの予定。

これから、自分で年間計画を考えながら、
菜園を実際に運営していく実習が始まっていきます。