「判断力」を養う農園運営実習

2018/02/22 16:04 に 博康増山 が投稿   [ 2018/02/22 16:05 に更新しました ]

昨年10月、種まきをした菜園起業大学受講生の方のコマツナ、大根。

一時期は、初のマーケット販売かとも思われていましたが、
この間の雪でほぼ壊滅…

「このまま、残して置いたら、復活してくるかなぁ」
「それとも、全部撤去して、春野菜を植えた方がいいかなぁ」

と悩む受講生の方。

「今までの実習スペースとは別に、もう一つ実習スペースを提供するから、
そちらで春野菜を育てることにして、
今までのものは全部残して置いてみたら?
暖かくなったら復活してくるかどうか観察してごらん」

こちらから助け舟を出します。

「暖かくなったら、復活してくるかなぁ」と言うような
疑問は放置したままでは、よくありません。

もちろん、実際に自分自身で菜園を運営するようになれば、
こうした場合でも、自分で判断していかなくてはなりませんが、

その「判断力」を養うためにも、
当面、「ダブル」で実習スペースを使っていただくことにしました。

「今までの実習経過についてレポート提出
それから、春野菜の栽培計画も提出して下さい。」

レポートの書き方の解説も受けた実習生の方。

新規まきなおしで春を迎えそうです。

1月22日の大雪で瀰瓊際(みぬま)菜園クラブも
雪に閉ざされました。