菜園起業大学ニュース

野菜の生長の「観察記録」の書き方を講習

2018/01/21 16:12 に 博康増山 が投稿   [ 2018/01/21 16:14 に更新しました ]

新年から、また始まった菜園起業大学の実習。

前から受講生の方には、観察手帳を差し上げて
育てている野菜の生長について観察記録をつけるように
お話ししていますが、

今年から、「観察記録」のつけ方についての
講習も行う事にしました。

その講習でのけっこうホットなやりとり…

「野菜が(前回観察した時より)大きくなった」

と言うのは、
観察記録と言えるだろうか?

と、受講生の方に質問を投げかけました。

「野菜が何センチになったとか、
数字じゃないと駄目と言う意味ですか?」

「主観的な事は書いてはいけないと言う意味ですか?」

いや、そうではなくて、数字でなくても、
例えば、「芽が出た」とかそういう事は観察記録だし、

「主観」的な事が観察記録でないとは必ずしも言えない、

そうではなくて、「大きくなった」と言う風に
報告する時、心の中ではどういう動きがあって、

その言葉が出てきているのか考えてみてください。

そう改めて問いかけました。

「心の中の動き」…

そう言われて、
受講生の方はいろいろ考えてみたようです。
そして、こんな答えが返ってきました。

「前回見た事についての記憶と、
今回見た印象を比較して、

『大きくなった』ように感じたから
『大きくなった』と報告しているんだと思う」

あ、そこが大事。

そういう風に即座に説明を始めました。

つまり、主観的な表現であっても、
数字でなくても、

今回見た「印象」それ自体を
何らかの言葉で表現したとすると、

それは観察記録だと言えるかもしれない

でも、その「印象」それ自体ではなくて、

その「印象」それ自体を、
前回についての「記憶」と比較して

「大きくなった」と言っているんだとすると、

それは今回の観察結果ではなくて、

観察結果を、前回見たことについての記憶と
比較して、評価している事になるよね?

そうすると、「大きくなった」は、
観察結果ではないよね?

そう説明すると、
受講生の方は、何か、面白さを
感じられたようです。

ここから、更に菜園でのディスカッションは
深まっていきました。


地域を結ぶ・・・菜園起業受講生、各地の報告。

2018/01/18 19:28 に 博康増山 が投稿   [ 2018/01/18 19:32 に更新しました ]

1/17は、受講生の方々が交流する「菜園起業サロン」でした。

春日部の受講生の方より、
お知り合いの方のおうちが
明治元年頃に作られた古民家で、

参加型でのリノベーションを目指す活動について
ご報告がありました。

おうちの前には、約2000平米の遊休化した
農地も広がっており、

農地の活用も含めた活動を考えていらっしゃるとの
ことでした。

現在は、庭のお手入れから始めて、
土間やカマド、囲炉裏づくりなどのアイデアも出ているとの事。

また、食と環境を考える会の動きも始まっているとの事。
合鴨農法でお米を育てたり、

ご自分の庭先でお食事会をする等の活動も考えていらっしゃるとの事でした。

ときがわ町の受講生の方からは、

都内と農村部を往復しての
「二地域居住」をしながらの活動のご様子、

特に、補助金に頼らず、事業を進めていく事や
都会で暮らす人達の共通のふる里を創っていく
「ふる里シェア」などについてのご報告がありました。

日頃、ときがわ町のお野菜を販売している
「立石マルシェ」の会場で、

お野菜を使ったお料理や美味しいワインを
頂きながら、
和やかな意見交換の場でした。

5月の連休には、
春日部での交流会も予定しています。

実習で育てたコマツナ、出荷へ

2017/12/17 19:11 に 博康増山 が投稿   [ 2017/12/17 19:12 に更新しました ]


瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで農園運営実習中の
菜園起業大学受講生の方。

寒波の中ですが、
10月末から育てているコマツナが、
徐々に大きくなってきています。

このまま育てば、何とか来年には
出荷可能なサイズになるかも…

実習で育てた野菜が初荷となる
初春が近いです。

「野菜の生長記録レポート」のあり方自体を考える実習

2017/12/12 20:33 に 博康増山 が投稿   [ 2017/12/12 20:35 に更新しました ]

菜園起業大学の受講生の方に、
毎回、野菜の生育状況を観察して、
記録し、

レポートを提出するように
指示して、

早速、先週からレポートを送ってもらっています。

今回から、この写真のように、
野菜の生長ぐあいを計測するために、
スチール製の定規をお渡ししました。



しかし、やってみて、問題山積みと感じました。

まず、計測器具はこれで良いのか?と言うことです。

菜園は土ぼこりが相当に立つ場所で
プラスティック製の定規はあっと言う間に、
傷だらけになりますし、

破損した際、細かい破片が土に残りやすく、
分解しません。

つまり、プラスティック製定規は、菜園で使うには
不適格なのです。

ですから、これまでも、菜園クラブでは、
菜園の定規は、竹やスチール製のものを
使うようにしてきました。

今回も、実習用にスチール製定規を
使って頂くことにしたのですが、

今回は、長さが60cmのものを導入したわけです。

つまり、葉物野菜は大きくなると、葉の長さや
草丈が40センチ以上になることもあり、

そうなっても使えるようにと言うことで
60センチ定規にしたのですが、

どうも、長すぎて使いづらいのではと感じました。
むしろ、30センチ定規を使い、
野菜が生長して、それ以上の長さを計測する
必要が出てきたら、

巻き尺を使うなどした方がよいかも知れない
と思ったわけです。



もう一つ、感じた事。
それは、そもそも、何を測るべきなのか?

と言うことです。

今のところ、葉の長さを中心に測って頂いているのですが、
それでいいのか?

野菜の生長を計測する場合、
葉の長さの他に、葉の枚数、草丈(高さ)、
キャベツのように玉をまく野菜ならその「玉」の直径など、

いろいろな「計測項目」が考えられます。

限られた時間の中で、効率よく野菜の生長具合を
把握するには、

どういう項目を測るようにしたらよいか?

こうした事も受講生の方とディスカッションしながら
考えていく実習になりそうです。


菜園の生長記録をつける実習

2017/12/03 19:22 に 博康増山 が投稿   [ 2017/12/03 19:23 に更新しました ]

菜園起業大学の農園運営実習。

今度から、受講生の方に、野菜の生長記録をつけて
レポートとして提出して頂くことになりました。

まずは、レポートの書き方を講習、

そして、菜園で生長記録をつけるための
手帳をお渡ししました。


早速、記録をつけ始める受講生。

今回の記録はこんな感じでした。





立冬すぎの実習・・・残渣を埋めて土づくり

2017/11/14 17:50 に 博康増山 が投稿   [ 2017/11/14 17:52 に更新しました ]

残渣を埋めて土づくり

立冬も過ぎた瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ。

ソラマメやエンドウの種まきを終えた
菜園起業大学受講生。

「後、どんな種まきができますか?」
と質問。

「もう無理だよ。ハロウィン過ぎたら、バレンタインデーまで種まきはお休み」
といつものお返事をしつつ、

「今は土づくりをしようよ。」と
お話しました。

農家さんから聞いた、
キャベツなどの残渣を埋めたら、
ナスがよく採れたとか、

いつも、大根の葉っぱを捨てているところで
ブロッコリーの出来が良かった

と言った話を伝え、

間引いた大根の葉っぱ等、秋野菜や雑草の残渣を
溝に埋めると良い土ができることを説明しました。

さっそく始めた受講生。

来年は、ここでトマトやキュウリを育ててみるとの事でした。


観察眼を養う実習

2017/11/05 20:22 に 博康増山 が投稿   [ 2017/11/05 20:23 に更新しました ]

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブFファームで
先週、ほうれん草、コマツナ、大根の
種まきをした菜園起業大学受講生。

今週もやってきました。

芽が出ていない?
失敗かなぁ…

ほうれん草の種まきした場所を見て、
不安そう…

「いや、それは違うよ」
と説明を始めます。

大根の畝、
畝の南東側は、アブラナ科独特のハート型の
双葉が大きく開いていますが、
西南側は、まだ、ちょっと芽が土の上に
のぞいているだけ。

「ほら、微妙にこちら側は日陰になっているでしょう?」
「手でさわってごらん」

「本当だ。こっちの方が温かい」

実際に畝の南東側と北西側に手をあててみて、
日当たりの違いを実感する受講生。


「大根やコマツナは、畝の南東側の日あたりが良い側は
双葉が開いたけれども、北西側は、やっと芽が出はじめたところ。

アカザ科のほうれん草は、アブラナ科の大根やコマツナより発芽が遅い。
だから、まだ発芽してこなくても失敗ではないよ。」

こういう説明を聞いて納得する受講生。

菜園起業大学の実習では、こういう風に、野菜の生長を観る
観察眼を養っていきます。

農園運営実習スタート♪

2017/10/10 21:40 に 博康増山 が投稿   [ 2017/10/10 21:44 に更新しました ]

菜園コーディネーター講座を修了した受講生の方が、
今度は農園運営の実習を始めました。

年間を通じて、栽培計画を作り、
一定の広さの農園を運営する能力を育成するための
実習です。

事前に、ご自身で農園のデザインや栽培計画を
立案してこられましたが、
果たして、机上で考えたとおりにいくでしょうか?


まずは、とにかく、草取りした夏草がそのままになっている
のを、堆肥として積んで、
実習場所をきれいにしていきます。


実際に「畝(野菜を育てるために土を帯状に盛り上げた場所)」の
位置に、畝の長さに合わせて、ポールを立ててみます。

ここにネギを植えるんだったら、
ちょっと畝と畝の間隔が狭くない?

指導員から突っ込まれながら、
当初計画を修正。

実際にやってみると、机の上で考えたみたプランと
ズレがあることが分かってきますね。


だいたい、畝の位置が決まってきたところで、
ほうれん草育てるつもりなら、
今から石灰をまいておいた方がいいよとか、

コマツナまくのなら、堆肥まいておいたら?

などと、
指導員に言われて、土づくり開始。


夕方までに、最初の畝3つが完成。

次回は作った畝に種まきの予定。

これから、自分で年間計画を考えながら、
菜園を実際に運営していく実習が始まっていきます。





受講生の方が年間菜園計画を立案。農園運営実習へ。

2017/10/03 19:23 に 博康増山 が投稿   [ 2017/10/03 19:24 に更新しました ]

菜園コーディネーター講座を受講後、
みぬま菜園クラブFファームで実習を継続することになった受講生の方が、
年間の菜園計画を作ってきて下さいました。

実際に農園を運営するには、
野菜の栽培方法を覚えるとともに、
年間の栽培計画を作れるようになることも重要です。

この冬から、この計画に基づき、実際に栽培実習を進めることになりました。
どんな結果になるか楽しみです。


菜園起業受講生×農村旅行の婚活ツアー

2017/10/03 17:17 に 博康増山 が投稿

菜園起業の受講生・横山知代さんが、
埼玉県ときがわ町で関わっていらっしゃる
農村旅行企画
実施されます。

詳細は、以下のチラシの通り。


https://www.facebook.com/events/117114688979147/

お申込み、お問合わせは、上記チラシ、
または、FACEBOOKイベント情報より。

楽しそうな企画ですね。
婚活したい方、それはそれとして、農村の自然に親しみたい方、
是非、ご参加してみて下さい。

1-10 of 14