講座概要
理論セミナーと年間実習で
野菜栽培技術をマスター


◆野菜栽培基礎セミナー
 ★開催日程
  ●2017年 
   ・秋季 11/4(土)、11/5(日)
  ●2018年
   ・冬季 2/10(土)、2/11(日)
   ・春季 5/19(土)、20(日)
   ・夏季 8/18(土)、19(日)

 ★時間:毎回10:00~16:00
 ★会場:東京・池袋(生活産業プラザ他)
※会場は変更になる場合がございます。

【野菜栽培基礎セミナー 内容】
1A 野菜の生長パターンと生育条件
1B 種まき時季はこうして決まる … 栽培時季の科学
2A 野菜栽培の基本技術
2B 各種野菜のための基本技術活用方法(葉菜編)
3A 各種野菜のための基本技術活用方法(根菜編)
3B 各種野菜のための基本技術活用方法(果菜編)
4A 土と肥料~基礎知識と科学
4B 土づくりと肥料~実際技術
5A 野菜の害虫と病気
5B 農薬の基礎知識と無農薬栽培の技術
6A シーズン技術の基礎
6B 農機具と資材の基礎知識


◆年間実習・・・週末農業の実習です。

 ●
実習日 ご都合に合わせてご来場可。
  ※最低、隔週~月1回程度。
  ★実習開始日は、ご相談に応じます。
 ●実習可能な日
  毎週土曜 13:00~15:00他。
  ※日曜日の受講もご相談に応じます。


 ●会場:瀰瓊際(みぬま)菜園クラブFファーム

◆受講料 99,800円(一括払い時)

※分割払いにも応じております。


修了後も実習を継続して、
  農園運営などの技術を修得出来ます。

ご希望により年間実習修了後も、菜園実習を
継続することが可能です。
継続実習では、菜園デザインや農園運営等、実際に農地を確保して半農生活を行う場合に役立つ技術の修得や育てた野菜の販売も可能です。
随時カウンセリング等を実施して、ご意向をお伺いし、農地の確保や農園の運営についての支援も致します。

●継続実習費:年33,600円

  • 実習で育てたコマツナ、出荷へ 瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで農園運営実習中の菜園起業大学受講生の方。寒波の中ですが、10月末から育てているコマツナが、徐々に大きくなってきています。このまま育てば、何とか来年には出荷可能なサイズになるかも…実習で育てた野菜が初荷となる初春が近いです。
    投稿: 2017/12/17 19:12、博康増山
  • 「野菜の生長記録レポート」のあり方自体を考える実習 菜園起業大学の受講生の方に、毎回、野菜の生育状況を観察して、記録し、レポートを提出するように指示して、早速、先週からレポートを送ってもらっています。今回から、この写真のように、野菜の生長ぐあいを計測するために、スチール製の定規をお渡ししました。しかし、やってみて、問題山積みと感じました。まず、計測器具はこれで良いのか?と言うことです。菜園は土ぼこりが相当に立つ場所でプラスティック製の定規はあっと言う間に、傷だらけになりますし、破損した際、細かい破片が土に残りやすく、分解しません。つまり、プラスティック製定規は、菜園で使うには不適格なのです。ですから、これまでも ...
    投稿: 2017/12/12 20:35、博康増山
  • 菜園の生長記録をつける実習 菜園起業大学の農園運営実習。今度から、受講生の方に、野菜の生長記録をつけてレポートとして提出して頂くことになりました。まずは、レポートの書き方を講習、そして、菜園で生長記録をつけるための手帳をお渡ししました。早速、記録をつけ始める受講生。今回の記録はこんな感じでした。
    投稿: 2017/12/03 19:23、博康増山
  • 立冬すぎの実習・・・残渣を埋めて土づくり 立冬も過ぎた瀰瓊際(みぬま)菜園クラブ。ソラマメやエンドウの種まきを終えた菜園起業大学受講生。「後、どんな種まきができますか?」と質問。「もう無理だよ。ハロウィン過ぎたら、バレンタインデーまで種まきはお休み」といつものお返事をしつつ、「今は土づくりをしようよ。」とお話しました。農家さんから聞いた、キャベツなどの残渣を埋めたら、ナスがよく採れたとか、いつも、大根の葉っぱを捨てているところでブロッコリーの出来が良かったと言った話を伝え、間引いた大根の葉っぱ等、秋野菜や雑草の残渣を溝に埋めると良い土ができることを説明しました。さっそく始めた受講生。来年は、ここでトマトやキュウリを育ててみるとの事でした
    投稿: 2017/11/14 17:52、博康増山
  • 観察眼を養う実習 瀰瓊際(みぬま)菜園クラブFファームで先週、ほうれん草、コマツナ、大根の種まきをした菜園起業大学受講生。今週もやってきました。芽が出ていない?失敗かなぁ…ほうれん草の種まきした場所を見て、不安そう…「いや、それは違うよ」と説明を始めます。大根の畝、畝の南東側は、アブラナ科独特のハート型の双葉が大きく開いていますが、西南側は、まだ、ちょっと芽が土の上にのぞいているだけ。「ほら、微妙にこちら側は日陰になっているでしょう?」「手でさわってごらん」「本当だ。こっちの方が温かい」実際に畝の南東側と北西側に手をあててみて ...
    投稿: 2017/11/05 20:23、博康増山
1 - 5 / 12 件の投稿を表示中 もっと見る »


◆受講特典 「菜園起業サロン」に無料参加
 各地で菜園起業の活動を展開している卒業生の方々の
 交流会「菜園起業サロン」に年会費無料でご参加いた
 だけます。
 ※イベントの参加費は別途必要です。