講座概要
理論セミナーと年間実習で
野菜栽培技術をマスター


◆野菜栽培基礎セミナー
 ★開催日程
  ●2017年 
   ・秋季 11/4(土)、11/5(日)
  ●2018年
   ・冬季 2/10(土)、2/11(日)
   ・春季 5/19(土)、20(日)
   ・夏季 8/18(土)、19(日)

 ★時間:毎回10:00~16:00
 ★会場:東京・池袋(生活産業プラザ他)
※会場は変更になる場合がございます。

【野菜栽培基礎セミナー 内容】
1A 野菜の生長パターンと生育条件
1B 種まき時季はこうして決まる … 栽培時季の科学
2A 野菜栽培の基本技術
2B 各種野菜のための基本技術活用方法(葉菜編)
3A 各種野菜のための基本技術活用方法(根菜編)
3B 各種野菜のための基本技術活用方法(果菜編)
4A 土と肥料~基礎知識と科学
4B 土づくりと肥料~実際技術
5A 野菜の害虫と病気
5B 農薬の基礎知識と無農薬栽培の技術
6A シーズン技術の基礎
6B 農機具と資材の基礎知識


◆年間実習・・・週末農業の実習です。

 ●
実習日 ご都合に合わせてご来場可。
  ※最低、隔週~月1回程度。
  ★実習開始日は、ご相談に応じます。
 ●実習可能な日
  毎週土曜 13:00~15:00他。
  ※日曜日の受講もご相談に応じます。


 ●会場:瀰瓊際(みぬま)菜園クラブFファーム

◆受講料 99,800円(一括払い時)

※分割払いにも応じております。


修了後も実習を継続して、
  農園運営などの技術を修得出来ます。

ご希望により年間実習修了後も、菜園実習を
継続することが可能です。
継続実習では、菜園デザインや農園運営等、実際に農地を確保して半農生活を行う場合に役立つ技術の修得や育てた野菜の販売も可能です。
随時カウンセリング等を実施して、ご意向をお伺いし、農地の確保や農園の運営についての支援も致します。

●継続実習費:年33,600円

  • 半農半Xの「X」の部分で、ジムをやりたいと言う人のために(その2) 先日、半農半Xの「X」の部分で、ジムをやりたいとお考えの方に以下の提案をしました。近くの公民館で踊りなどの先生が教えているサークルがあり、月3000~5000円程度の月謝のようです。ソロバン教室等を公民館やオープンスペースのような場所で開いていて、どうやら展望がありそうだと言うので本格的に開設した例もあるとの事。つまり、「公民館・オープンカフェ」教室は、本格的に開業する前の「お試し起業」の方法として有効であり、マーケティングやスキルの開発に役立つ可能性があると言う事です。今回は、僕が「最初の生徒」となって、相談者の方に、実際に「サーキットトレーニング」の教室を ...
    投稿: 2018/03/10 16:06、博康増山
  • 半農半Xの「X」の部分で、ジムをやりたいと言う人のために・・・ 菜園起業相談を受けている人で、ジムをやりたいと言う人がいる。自分でもジムに通い、サーキットトレーニングをしているらしい。サーキットトレーニングは、高校時代、陸上部にいた時僕自身もやらされた事がある・・・その時の記憶からすると、どうも「やり方」や「メニュー」には、相当の幅があるように思う。ある時、「それまで」のメニューとは違うメニューを「それまで」教えてくれた先輩とは違う人から教わった事がある、その人は、「どうだ、アタマがクラクラするだろう」と言っていた、事実、その時は、アタマがクラクラした典型的な酸素欠乏状態・・・かなり強度な有酸素運動の連続で ...
    投稿: 2018/03/06 16:04、博康増山
  • 半農生活のための簿記(その2) 実は、Aさんに半農半Xの「X」の部分で、簿記や会計関係の仕事をオススメしたのは、もう一つ理由があります。これから、非正規雇用の人が増えていく中で、「個人」の生活について、「簿記」的な考えが非常に必要とされていくのではないかと言う事です。Aさんは現在お勤め中の会社で正社員として働いていらっしゃいますが、交際中の女性の方は、ご自分でピアノ教室を開いている他に、派遣で働いていらっしゃるのだそうです。Aさんが言うには、「自分はしなかったけれども、彼女は確定申告に行ってきたみたいだ」そして「確定申告と年末調整ってどう違うんですか?」と質問してきました。僕はこの手の質問をよく受ける事があるのですが、実は、 ...
    投稿: 2018/03/04 17:28、博康増山
  • 半農生活のための「簿記」(その1) 菜園起業大学の受講生の方で簿記の試験を受けてきた方がいらっしゃいます。仮にこの方をAさんと致しますと、 Aさんは、ふだん、会社にお勤めなのですが、お仕事で簿記の知識を持っていた方がいいかなぁと お考えになって、試験を受けてみることにしたのだそうです。将来的には、半農生活をしてみたいと気持ちもあって、 菜園起業大学の方も受講中。そこで、 半農半Xの生活をする場合のXの部分、つまり「現金収入を稼ぐ仕事」として、 「簿記」的な要素を含む事をしてみたら どうかとアドバイスしました。理由はいくつかあって、 一つはかなり下世話な事なのですが、場合によっては、「楽」に現金が稼げる可能性がある実は聞いたお話なのですが、会計関係の仕事をしている方 ...
    投稿: 2018/03/04 17:22、博康増山
  • 「判断力」を養う農園運営実習 昨年10月、種まきをした菜園起業大学受講生の方のコマツナ、大根。一時期は、初のマーケット販売かとも思われていましたが、この間の雪でほぼ壊滅…「このまま、残して置いたら、復活してくるかなぁ」「それとも、全部撤去して、春野菜を植えた方がいいかなぁ」と悩む受講生の方。「今までの実習スペースとは別に、もう一つ実習スペースを提供するから、そちらで春野菜を育てることにして、今までのものは全部残して置いてみたら?暖かくなったら復活してくるかどうか観察してごらん」こちらから助け舟を出します。「暖かくなったら、復活してくるかなぁ」と言うような疑問は放置したままでは、よくありません。もちろん、実際に自分自身で菜園を運営するようになれば ...
    投稿: 2018/02/22 16:05、博康増山
1 - 5 / 19 件の投稿を表示中 もっと見る »


◆受講特典 「菜園起業サロン」に無料参加
 各地で菜園起業の活動を展開している卒業生の方々の
 交流会「菜園起業サロン」に年会費無料でご参加いた
 だけます。
 ※イベントの参加費は別途必要です。