夏の小松菜、4週間で採れました。

2016/08/21 22:38 に 博康増山 が投稿   [ 2016/08/21 23:01 に更新しました ]
夏は葉物を育てるのに不向き?

そんな事を言わずに試してみようと、
かわぐち菜園クラブで会員の方のリクエストに応じて、
7月17日に小松菜の種まきをしてみました。

約4週間後の8月14日に無事収穫。

もっとも、その前週8月7日~8日頃に収穫した方が、
虫食いや暑さによる「へたり」もなく、
もっと良かったかもと言うのが、
一緒に育てた会員の方とも一致した印象でした。

収穫した時の小松菜の様子
こちらが収穫した時の小松菜の様子。

市販の小松菜は、葉数15~20枚程度のことが
多いですが、
こちらは10~12枚程度でした。

気温が高い分、一枚一枚の葉が急速に大きくなり、
「若い」うちに収穫できるので、
葉は柔らかく、若葉のような色をした状態で
収穫できるのかもしれませんね。

最高気温の積算値(さいたま地方、7月17日起点)
(気象庁データより作成)

7月17日からの最高気温の積算値の推移は、こちら。
収穫適期と思われた8月7日時点で、積算気温675℃、8月14日時点で901℃でした。

お野菜の生育と気象データを比較していくのは面白いですね。